大人ニキビ 化粧品

女性ホルモンは多すぎても少なすぎてもダメ

女性的な魅力作り出すのは女性ホルモンですが、女性ホルモンの分泌が、多すぎても少なすぎても体調は悪くなるし、お肌に悪い影響を与えるって知っていましたか。

女性ホルモンのバランスが崩れると、
更年期障害や性機能の低下などで不正出血や無月経・無排卵なども引き起こすと言われています。
また、
美肌やバストアップなどの女性的な魅力を生み出す、エストロゲンとプロゲステロンの女性ホルモンは、バランスが崩れるとその働きを果たさなくなります。

ホルモンバランスを崩さないようにするには、ストレスを解消し、規則正しい生活を心がける事が大切です。

女性ホルモンの働きには、女性の生理や妊娠をコントロールする、肌や髪を美しく保つ、骨を丈夫にする、自律神経を安定させる、記憶力を保つ、食欲を抑制するといった重要な働きがあり、ホルモンバランスを整えることは、美容効果につながるのです。

ローズの香り(バラの香り)でホルモンバランスを整える!

ローズの香り(バラの香り)がホルモンバランスを整える!

国際味と匂学会で、「ローズ香気」に「ホルモン・バランシング効果」があることが世界に先駆けて立証されたことが報告されました

香料は、人類の長い歴史とともに生まれ発達してきました。古代ギリシャ、中国そしてエジプトの時代から貴重で高価なものとして珍重され、身体的病や精神的病の治療、さらには、より美しくなるための美容手段としても用いられてきました。
このことから「好い香り」という感覚の深層に、様々な優れた効果が関与していると考えられます。

実験1:
香りを嗅ぐ事による男性ホルモン(テストステロン)と女性ホルモン(エストラジオール)の体内変動をはかる実験を行ないました。テストステロンやエストラジオールなど体内ホルモン量は個人差があり、高いグループと低いグループに分けられます。

結果:
ローズ香気は、テストステロンが高いグループとエストラジオールが高いグループに対して、減少させる効果が認められ、低いグループに対しては逆に、増加させる効果がありました。
つまり、バラ香りには変動するテストステロンとエストラジオールを理想的な値にしてくれる、「ホルモン・バランシング効果」があることが分かったのです。

私たちの身体は、例えばストレスがかかると自律神経系の交感神経が活性化し、末梢血流量の減少や皮膚温の低下などの悪影響を引き起こし、また、内分泌バランスを崩し、免疫系にも作用し、肌の荒れ、くすみ、しわなどの症状が現れます。さらには怖いことには、表情も暗くし、魅力を失わせます

美を保つには、ストレスなどによる緊張感を解きほぐし、自律神経系・内分泌系・免疫系のバランスを戻すことが大切で、明るく活き活きとした表情、肌を保ち魅力的な美しさを引き出すことができるのです。

そこでローズ(バラ)の香りの更なる効果を実証する実験が行なわれました。↓

実験2
ローズ香気を女性ボランティアに2ヶ月間嗅いでもらい、男性ボランティアに実験開始前と終了時の顔写真を見せ、どちらが魅力的かを評価してもらいました。

結果:
女性ボランティアの実験終了時の顔写真の方が「魅力的である」と、有意差で評価したそうです。

実験3:
肌状態への影響では、2ヶ月間ローズ香気を嗅がせ、内腕の角層の採取を開始前と終了時に実施しました。

結果:
ローズ香気は肌状態を良好するという結果が得られました。ローズ香気に、体内バランシング効果があり、香りを使用している女性の表情を魅力的にし、肌状態も良好に保つ効果が世界で初めて確認できたそうです。

つまり、ローズの香り、バラの香りでホルモンバランスが理想値に近づき、あなたを魅力的な女性にしてくれるのです。バラの芳香成分の美肌効果は、香りで脳を刺激するだけでなく、肌につけることで直接皮膚に働きかけ、高いスキンケア効果をもたらしてくれます。


女性ホルモンのバランスを整え、大人ニキビをケア
<ラミューテ 美肌セットはこちら>

大人ニキビにはこの化粧品|女性ホルモンの分泌が美肌のヒミツメニュー